記事一覧

サラリーマンPE投資の可能性

先日知人から、サラリーマンPE投資のフィージビリティについて質問を受けたので、改めて筆者の考えをまとめてみたいと思います。 正確な統計は不明だけど、最近はサラリーマンの兼業PE投資家というのが結構増えているらしい。M&Aセンターも手を出さない収支トントンぐらいの零細企業を事業承継絡みでタダ同然で仕込み、ちょっとした経営改善で黒字化させて数百万円で売却を目指すんだって。第一感、これはけっこう儲かる気...

Read more

運を科学してみるということ(後編)

...

Read more

運を科学してみるということ(前編)

運が大事、というのはPE投資に限った話ではなく、筆者の実感としてはビジネス界の普遍の真理ではないかと思っています。   筆者は仕事柄、成功した経営者と接する機会には恵まれていたと思います。元来ビジネスオタクなので、成功したビジネスモデルの要因を分析するのも好きでしたが、ファウンダーの成功に至るまでのクロニクルにも関心があり、よくその手の質問をしたものです。そんな成功者の自分史を総合すると、結...

Read more

サラリーマンという生き方(後編)

(続きです)通したい案件があるときに、あふれる才能をもって決裁者を論破しにかかるようなタイプは一般的に出世からは縁遠いと思います。こんなときは、根回しの段階でアドバイスが欲しいと言って甘えておいて、オッサンに気持ちよく喋らせてガス抜きしつつ、「頂いたご指摘の通りやったらうまく行きました(ニッコリ)」ってな感じで進めていくセンスが、企業戦士として生き抜くための必須スキルです。 ★★★ ちなみに...

Read more

サラリーマンという生き方(前編)

以前こんなことを呟いたら反響が大きかったので、サラリーマンは如何に生きるべきかについて、改めて筆者の考えをまとめてみたいと思います。 根回しって別に日本企業に特有な文化じゃなく、外資系であっても当然に必要なスキルなんだけど、これは結構センスが問われる仕事。いくつかコツがあるんだけど、特に汎用性が高いのは、通したいアイデアがあったら決裁者を説得するのではなく、アドバイスが欲しいと言って接触する術 ...

Read more

PEファンドの正体 (完)

これまで3回(①、②、③)にわたってPEファンドの各階層を解説してきましたが、正直言ってこれまで紹介した人たちの仕事は、刺身のツマみたいなものです。ですので、実は組織戦略としてこの様な階層分けがなされる合理的・理論的な裏付けはなく、別にフラットな組織にしたところで大きな問題は起こらないはずです。この辺は社員が何千人といる大企業とは違うところですね。(せいぜい数十人の組織なので、当然と言えば当然) 筆者...

Read more

PEファンドの正体③

さて前回の続きです。作業マシンに付加価値がないことは、そのままプライベートエクイティ投資の本質に迫るアジェンダでもありますが、その詳細をみていきましょう。 2.アソシエイト/アナリスト<後編> ファンドマネージャーに求められるスキルを分解すると、ソーシング(案件発掘)/エグゼキューション(M&A実務)/PMI(投資後の各種バリューアップ)の3つですが、筆者の経験上、PEファンドの超過リターンの源泉...

Read more

PEファンドの正体②

それでは、各階層がどんな仕事をして、どんなスキルが求められるかを解説していきます。 2.アソシエイト/アナリスト<前編>  PE業界のエントリーカーストです。 呼称は投資銀行や戦コンと同じですが、かの業界のように奴隷的扱いをされるわけでもないので、呼び名から連想されるような悲壮感はありません。投資銀行や戦コンである程度下積みを経験した30前後がボリュームゾーンですから、ある程度Lv上げも終わって、装...

Read more

PEファンドの正体①

昨今、アルファブロガーやユーチューバーなどという10年前には名前すら存在しなかった職業が小学生のなりたい職業の上位にランクインしているそうです。筆者は小学生ではないのですが、ある日、「ネット上で適当なことをつぶやいてれば生計が立つとは、なんて最高な生き方だろう」と思いつき、手はじめにROM専だったツイッターで発言してみるというジョブクラスチェンジにトライしてみました。 とはいえ、「渋谷なう」「焼...

Read more

スポンサードリンク

↓Twitterでフォロー↓

プロフィール

alphalifehacker

Author:alphalifehacker
  
腐ったこの国を買い叩くためハゲタカ阿修羅道に足を踏み入れた、元PEファンドのファンドマネージャー。更にその前は商社マン。

「お金を稼ぐことはいけないことでしょうか?」

いいえ、お金に罪はありません。ありません、が、数々のビジネスを経験してきた筆者のたどり着いた1つ答えは、富裕層と呼ばれるまでの財を成した人は例外なく”ワルい”ことをしているということ。

社会の裏側・お金と人間の悲喜こもごもをこの目で見てきた筆者の体験をもとに、エコノミック不良(ワル)と無辜な庶民はどこが違うのか、実生活に役立つ形に解釈し直し、発信して参ります。

このサイトに来ると少し賢く生きることができるかもしれない、アルファライフハッカーのブログです。

Current Tweets

Amazon Link