記事一覧

PEファンドの正体②


それでは、各階層がどんな仕事をして、どんなスキルが求められるかを解説していきます。



2.アソシエイト/アナリスト<前編> 


PE業界のエントリーカーストです。

呼称は投資銀行や戦コンと同じですが、かの業界のように奴隷的扱いをされるわけでもないので、呼び名から連想されるような悲壮感はありません。投資銀行や戦コンである程度下積みを経験した30前後がボリュームゾーンですから、ある程度Lv上げも終わって、装備もそこそこの状態でニューゲームするイメージです。入社してからテクニカルスキルが絶対的に不足してて困ってるような人はあまり見かけたことないかも。


というか、IBDや戦コンで鍛えられまくった後に移ってきた人にとっては、楽勝すぎてアクビが出るんじゃないかな。社長が銀行出身だとちょっとアレですが、概して進学校の校則がユルユルなのと同じ現象で、出社や退社の時間もかなり自由。話題の働き方改革が理想的に実現されている職場なので、安倍政権にはもっと評価されるべきだと思う。


そんで、会社としてディールが決まるのは、多くて年に2~3件で、自身がチームメンバーとして関与するのはそのうち1件ぐらい。そうすると、ディールエグゼキューションに駆り出される時間は、そんなに多くないわけです。こうしてヌルい環境に順応していくと、変態的なフィナンシャルモデルを作るスキルや、契約書のワーディングで徹底抗戦するようなスキルはどんどん失われていく傾向があり、IBD⇒PEは可能でも、PE⇒IBDは足腰立たなくなってるのでもう無理なんじゃないでしょうか。笑



意見


ご指摘にあるように、PEのアソシが適当な仕事をする、というのは言い得て妙だと思います。極論すると、FASを使い倒せば事足りるので、アソシエイトクラスが1人もいなくても、ファンドとして高いパフォーマンスを出すことは十分可能です。抱えておけば便利だけど、居なくても困らない、そんな仕事をするのがこの人達です。


一般にPEへのエントリーが困難だと考えられているとすると、多分アピールポイントが間違ってるからでしょうね。FASで100件エグゼキューションしました。会計士です。下働きなら誰にも負けません、メガネキリーッ、みたいな人が来ると、「う~ん、それだけ?」って感じになると思うけど、これの何がダメなのか、業界の外の人は分かってない気がしております。




それでは次回は、じゃあ何がクリティカルなポイントなのか、そこら辺をご説明したいと思います。そんじゃねー。

スポンサードリンク

↓Twitterでフォロー↓

プロフィール

alphalifehacker

Author:alphalifehacker
  
腐ったこの国を買い叩くためハゲタカ阿修羅道に足を踏み入れた、元PEファンドのファンドマネージャー。更にその前は商社マン。

「お金を稼ぐことはいけないことでしょうか?」

いいえ、お金に罪はありません。ありません、が、数々のビジネスを経験してきた筆者のたどり着いた1つ答えは、富裕層と呼ばれるまでの財を成した人は例外なく”ワルい”ことをしているということ。

社会の裏側・お金と人間の悲喜こもごもをこの目で見てきた筆者の体験をもとに、エコノミック不良(ワル)と無辜な庶民はどこが違うのか、実生活に役立つ形に解釈し直し、発信して参ります。

このサイトに来ると少し賢く生きることができるかもしれない、アルファライフハッカーのブログです。

Current Tweets

Amazon Link